会社沿革

昭和29年8月 大阪府豊中市三和町2-7-21にて、ステンレス機器製作加工業として従業員5名にて創業
代表取締役社長 田中 卯三郎 就任
昭和32年3月 組織を株式会社に改組、資本金50万円
昭和37年10月 隣家を買取り、敷地面積を330㎡に拡大
昭和38年4月 資本金100万円に増資
昭和39年4月 資本金200万円に増資
昭和40年5月 資本金300万円に増資
昭和41年8月 ステンレス製花器
(意匠登録取得 No.S-262455・No.S-262456)
昭和42年5月 資本金360万円に増資
昭和44年4月 資本金450万円に増資
昭和46年5月 資本金600万円に増資
昭和53年3月 代表取締役社長 亀山 重春 就任
昭和53年8月 資本金1,200万円に増資
昭和59年10月 代表取締役社長 中島 幹夫 就任
昭和62年4月 資本金 2,200万円に増資
平成6年3月 代表取締役社長 池田 進 就任
平成19年12月 代表取締役社長 中島 史登 就任
平成21年7月 インテリア部 「Miharu」設立
平成21年7月 大阪・ 本町にて、インテリア部「Miharu」展覧会『Live Design』
平成22年8月 BALS TOKYO
平成22年9月 ホームページリニューアル
平成22年11月 ステンレス雑貨「匠」シリーズ発表